高校留学の履修単位について

高校留学の履修単位について

高校生が在籍している高校を退学や休学することなく留学する場合、
この間の履修単位や卒業単位については、
「学校教育法施行規則」において特別な定めがあります。

 

すなわち、
「留学先の学校がその国の正規の後期中等教育機関(高校)であること」
および
「留学生が在籍している高校の校長が、留学が教育上有益と認めていること」
の2つの条件を満たせば、留学先の高校における履修を、36単位を超えない範囲で
日本の高校における履修とみなして単位の修得を認定することができるのです。

 

これは学校教育法施行規則第93条第2項の規定で、
もともとは「外国の高校における履修を、30単位を上限に、
日本の高等学校における履修とみなして単位の修得を認定することができる」
と定められていました。

 

この号文の「上限30単位」が、
吸収力や適応力が高い若い年齢での海外留学の重要性を考慮して
「高等学校等における外国留学時認定可能単位数の拡大」の省令によって
2010年4月1日に「上限36単位」に拡大されたのです。

 

適用対象となる高校留学の種類としては、
在籍した状態での留学ですから交換留学か1年留学のいずれかになります。

 

認定は、留学生の在籍している高校の校長が、
留学先の高校が発行する成績証明書等に基づいて適切に行うこととされています。

 

なお、定期的に交換留学を行っている高校では、
留学に関する「内規」で交換留学時の単位の取扱いについて詳細に規定しているようですから、
交換留学を検討する際にはそれを確認しておきたいものです。