高校留学に必要な費用

高校留学に必要な費用

「高校留学をする場合にどれくらいの費用が必要か」ということについては、
さまざまな留学斡旋団体などからネット上に紹介されています。
 

 

それらの情報を見ても分かるとおり、
留学に当たっての「条件設定」によって千差万別と言えるようです。

 

「どの国のどの都市の高校へ留学するのか」
「私費留学するのか交換留学するのか」
「公立高校か私立高校か」「寮生活かホームステイか」
といった留学するうえでの条件がさまざまですから、
どのぐらいの費用が必要かを一概に提示することは困難なのです。

 

しかし、ネット上には語学研修で高校留学する際の費用の目安を情報提供している
留学斡旋団体が多数ありますので、
このサイトではそれらを参考に高校留学の費用について情報提供しておきます。

 

進学や卒業などを目的とする私費留学の場合、

 

公立高校では「アメリカ・330万円、カナダ・250万円、オーストラリア・270万円、
ニュージーランド・250万円」で、

 

私立高校では「アメリカ・514万円、カナダ・500万円、オーストラリア・340万円、
ニュージーランド・470万円、イギリス・420万円」です。

 

ただし、これらの費用のなかにはビザ取得費用、航空券代、海外旅行保険料、
現地の高校への申込金、消費税などを含んでいません。

 

進学や卒業などを目的としない交換留学の場合、

 

「アメリカ・125万円、カナダ・120万円、オーストラリア・140万円、ニュージーランド・130万円、
イギリスは原則として交換留学がない」です。

 

交換留学に必要な費用は、一般的にはプログラムへの「参加費」として支払う費用だけが必要で
(プログラムによっては、滞在費が自己負担になるものがあります)、
公立か私立かに関係なくいずれの国の高校に留学するプログラムにおいても
120〜140万円というのが費用の目安と言えます。